ポメラニアンを知ろう

【何歳まで生きてくれる?】ポメラニアンの平均寿命と長生きのために飼い主ができること

更新日:

ポメラニアンの誕生日ケーキ

「ポメラニアンの平均寿命って、何歳なのかな?」

いつまでそばにいてくれるのか、あと何年生きてくれるのか。愛しい存在だからこそ、年齢を重ねるたびに考えてしまいますよね。

Googleで検索すると「ポメラニアンの寿命は12歳~16歳」なんて出てきますが、幅が広すぎて参考にならないのが正直なところ。

ぎん
だって20歳のポメちゃんもいるしね!

4ポメママの私が獣医さんたちに聞いた意見、ペット保険アニコムの調査結果を総合したら「12歳~13歳」というのが平均的でした。

そう考えると・・・純粋に誕生日がお祝いできるのは、5歳くらいまでじゃないでしょうか?

  • 6歳「もしかして折り返し地点?」
  • 7歳「シニアになっちゃったYO!」
  • 8歳「あと何年そばにいてくれるかな」
  • 9歳「あと1年で10歳なの!?」
  • 10歳「…2桁になっちゃった(涙)」

「誕生日おめでとう!」と笑顔でお祝いしながら、脳内はマイナスモード全開。

愛が深ければ深いほど、いつかお別れする日を想像してしまう・・・それが、わんこママの宿命なんです。

ポメママ
これまで3匹の愛犬を見送った私が言えるのは、寿命より大切なのはQOL(生活の質)です。

ポメラニアンの寿命は遺伝や持病、食事や生活環境によって大きく変わります。

まずは信頼できるデータでポメラニアンの平均寿命を知って、そのあと私たち飼い主にできることを一緒に考えてみませんか?

データで見るポメラニアンの寿命

ポメラニアンの寿命

実は、この記事を書いた1か月前、1.6キロの小さなポメラニアン「ささ」を亡くしました。

70gという超未熟児で生まれ、重度の水頭症を患っていたささは、8歳9か月という若さで旅立ってしまいました。

「平均寿命にほど遠い年齢で逝かせてしまった」「どの時点に戻ればささを守れる?私はどこでまちがったの…?」

ささを守れなかった自分を責め、食べられない、眠れない日々が続いています。

でも、私には10歳の「ふたごポメ ねねとぎん」がそばにいてくれます。

ペットロスを診てくださる心療内科に通院しながら、なんとか前を向こうとしているところです。

ささを守れなかった自戒と、ねねとぎんの健康管理とQOL(生活の質)を見直す意味もこめて、ポメラニアンの平均寿命について調べてみました。

学会で発表された「犬種別」平均寿命

愛犬が加入しているペット保険の最大手アニコムが、小型犬の平均寿命の調査結果を発表しました。

対象は43万頭ですし、学会で発表されたデータなので、日本国内で最も正確性の高いデータだと言えます。

犬種別平均寿命
1位 イタリアン・グレーハウンド 15.1歳
2位 ミニチュア・ダックスフンド
トイプードル
14.7歳
4位 柴犬 14.5歳
5位 パピヨン 14.4歳
6位 ジャックラッセルテリア
10キロ未満のミックス
14.3歳
8位 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 14.2歳
9位 カニンヘン・ダックスフンド 14.0歳
10位 10~20キロ未満のミックス 13.9歳
11位 ヨークシャー・テリア 13.8歳
12位 チワワ 13.7歳
13位 シーズー
ミニチュア・ピンシャー
13.6歳
15位 ポメラニアン 13.4歳
16位 ビーグル 13.3歳
17位 ミニチュア・シュナウザー 13.2歳
18位 マルチーズ 13.0歳
19位 ラブラドール・レトリーバー
アメリカン・コッカー・スパニエル
12.8歳

調査期間:2013年4月1日~2014年3月31日
対象:アニコム損保に契約している犬435,987頭
学会発表:日仏獣医学会
引用データ:アニコム2016年5月公開ニュースリリース

ポメラニアンの平均寿命は13.4歳で15位

アニコムの公開データを確認すると、ポメラニアンの平均寿命は13.4歳、全犬種中15位です。

15位とはいっても、10位以降はそれほど大きな差はありません。小型犬全体の寿命は約13歳~14歳だということがわかりますね。

ちなみに全犬種における死因1位は腫瘍、2位は循環器系、3位が泌尿器系でした。

このあと書きますが、ポメラニアンは循環器系(特に僧帽弁閉鎖不全症が多い)が最大の弱点。

心臓病を早期に発見して対策すれば、長生きしてもらえる可能性がグンと高まります。シニアになったら定期検診を心がけましょう。

獣医師に聞いたポメラニアンの平均寿命は12歳

20年以上もポメを育てているので、いままで何人もの獣医さんにポメの寿命について質問してきました。

大学病院では「12歳」、かかりつけの先生にも「12歳」と言われました。なかには「10歳」という獣医さんもいらっしゃいました。

さきほど書いたように、ポメラニアンは心臓病になりやすい犬種なので、獣医さんたちにとって「ポメラニアン=長生きな犬種」というイメージがないのかもしれません。

初めて育てたポメ「シュシュ」は12歳8か月で虹の橋へ

私が親元を離れて初めて育てたポメラニアン(シュシュ)は、12歳8カ月で虹の橋へ旅立ちました。

シュシュは生まれつき鼠経ヘルニアで2度も手術し、股関節と膝蓋骨にも異常がありました。

シニアになってからは心臓病、クッシング病、頚椎椎間板ヘルニア、腫瘍など、数多くの病気と闘ってくれました。

平均寿命の13歳には及ばなかったことを考えると悲しいですが、病気の数々を考えると、がんばってくれたんだなと感謝しています。

極小ポメ「ささ」は8歳9カ月で虹の橋へ

生まれつき重度の水頭症だったポメラニアン(ささ)は、闘病の末、8歳9カ月で旅立ちました。

シュシュとささはハドレー直子なのですが、ハドレーは良血統ゆえに血が濃いため、病気が多くて短命だという意見もあります。

シュシュを育ててハドレーの弱さはわかっていたのですが、それでも私はささを育てたいと思いましたし、短くても密度の濃い時間が過ごせて本当に幸せでした。

ペットロスから立ち直るには、時間がたち、悲しい最期の記憶がやさしい思い出に変わる日を待つしかないと思って過ごしています。

20歳のポメラニアンを発見!

去年、友人のダックスフンドが20歳で虹の橋を渡りました。

「ダックスは比較的長生きな犬種だけど、ポメの20歳はむずかしいのかな・・・」と思っていたら「20歳のポメラニアンの子宮蓄膿症を手術した」という西宮市の獣医さんを発見!

20歳で手術ができたということは、心臓が丈夫だったということ。長生きポメちゃんの情報は勇気がもらえますね。

平均寿命の数字に惑わされない

たしかに犬の寿命は遺伝や体質の影響が大きいです。12歳前後で亡くなるポメラニアンは多いかもしれません。

でも、環境因子(運動、食事、精神)など、後天的な影響も大きいはず。

私たち飼い主が適切なケアをすれば、20歳だって、夢じゃないかもしれませんよね。

ぎん
数字は参考程度にして、次は「ボクたちが長生きするために何ができるか」一緒に考えてみてね!

ポメラニアンに長生きしてもらうために飼い主ができること

犬の寿命は人間の5分の1ほどです。

ということは、私たちの1日は、愛犬の5日分!?一緒にいられる時間って、なんて貴重なんでしょう。

この事実に気付いてから、愛犬との過ごし方が変わり、より充実した生活が送れるようになりました。

ポメラニアンがかかりやすい病気を知る

  1. 心臓病
  2. 気管虚脱
  3. クッシング症候群
  4. 膝蓋骨脱臼、股関節形成異常
  5. 鼠経ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア
  6. 水頭症

とにかくポメラニアンは心臓病に注意!

ポメラニアンは犬種特有の病気が多いのですが、特に注意すべきなのが心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」です。

心臓病が悪化して肺水腫になってしまうと、命を落とす危険性が格段に上がってしまいます。

シュシュをはじめ、友人のポメちゃんたちの多くが僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫で命を落としています。

とはいえ、11年前、シュシュが闘病していた時代と比べると、薬の処方も変わっていますし、当時は不可能だった心臓の手術も可能になりました。

大学ではもちろん臨床研究が進んでいますが、町の獣医さんたちも勉強会を開いて積極的に動物医療に取りくんでいます。

ドイツの最新細胞治療も導入され始めていますし、動物の再生医療も急速に広がっています。

いまのペット医療は本当に心強い存在。心臓病の予防と早期発見ができれば、長生きしてもらえる時代になりました。

寿命を延ばすためにできる対策

  • 原材料にこだわったフードを選ぶ
  • 体重の管理
  • 混合ワクチンの接種、飛び出しや誤飲に気を付ける
  • 可能なら親犬の病気も確認しておく
  • 8歳を過ぎたらドッグドックを受ける
  • 子宮蓄膿症、乳腺腫予防の避妊手術
  • 心臓病に詳しい病院を探しておく
  • 歯磨きの徹底

長生きしてもらうために必要なことを書き出してみましたが、私たち飼い主、できることがたくさんありますね!

ブリーダーさんから譲り受けたポメちゃんなら、親犬の既往症を聞いておくのもおすすめ。遺伝はやっぱり無視できませんよね。

いざというときに備え、「もし大きな病気になったら?」と貯金とシミュレーションをしていますが、私の欠点はやりすぎてしまうこと。

治療が愛犬の負担にしかならない場合は、自然に任せる勇気も必要だと思っています。

「飼い主の自己満足じゃないか?」と立ち止まって考えることも、愛犬のQOLを高めるために重要なことだと自分に言い聞かせています。

そして、犬友がいると、何かあったときに相談や情報収集ができて、とても助かります。

リアルな犬友はもちろん必要ですが、ブログ、SNSなどでつながっておくのも心強いですよ!

毎日、全身で愛を伝えよう

ポメラニアンの写真

なかには平均寿命にほど遠い年齢で、若くして亡くなるポメちゃんもいます。

ささのように生まれつき持病があるポメラニアンもいれば、獣医さんがビックリするくらい長生きしたというポメちゃんだっているでしょう。

平均寿命なんて、ただの数字にすぎないんです。

犬には煩悩がありません。

人間とちがい、自分の死をきちんと受け入れる動物なのだそうです。

「犬は自分の運命に納得して、サッサと虹の橋を渡るのよ」とアニマルコミュニケーターさんが教えてくださいました。

愛犬の介護中は、ヒタヒタと近づく別れの恐怖から眠れない日々を過ごしました。怖くて悲しくて、気が狂いそうでした。

シュシュもささも、自分の死を受け入れつつも「私がいなくなったら、ママはどうなるんだろう?」と心配しながら虹の橋へ旅立ったかもしれません・・・

残された大切なふたごポメには、シュシュとささのように心配させたくない。

そのためにはまず自分自身が強くなり、毎日「愛しているよ」と全力で伝えて、一緒にいられる時間を大切にしていこうと思っています。

-ポメラニアンを知ろう

Copyright© ポメラニアンライフ , 2019 All Rights Reserved.